セカンドオピニオンという言葉は医療の現場でよく耳にする言葉です。直訳すると「第二の意見」とか「別の意見」であり、病気の診断や治療方針についての第二の意見を指しています。主治医以外のセカンドオピニオンを聞くことによって、自分自身や家族の今後の治療などの判断を見極めることが期待できるものです。

このセカンドオピニオンの仕組みは医療の世界だけではなく、不動産の世界にも必要なものと考えられます。不動産の世界も近年はインターネットなどから多くの情報を得られやすくなったとはいえ、エンドユーザーにしてみると情報弱者の立ち位置は変わらないのが現状です。不動産取引をすすめるにあたって、自分だけではどう判断したらいいのか正直なところわからないという人が多数でしょう。たとえばマイホームを取得する際に、この物件を買った方がいいのかどうか、その物件が高いのか安いのか、いくらぐらいの住宅ローンを借りるのが適切なのかなど、なかなか自分自身では判断できない場合があります。

▶︎続きはこちら

不動産住宅情報サイト「スマイティ」の不動産サイトに記事監修記事へ


目次

■記事執筆・監修に関するお問い合わせはこちら

アネシスプランニング株式会社

電話:03-6665-6877

メールお問い合わせはこちら